交通事故と弁護士

交通事故は時に命にかかわる惨事につながりかねませんが、怪我で済んだとしても、むち打ち症など将来の生活に大きく影響する怪我を負うことがあります。当然治療費もかかりますし、場合によってはリハビリなどに時間をとられ、今までのように仕事が出来なくなる可能性もあるので、事故の加害者から何らかの補償を受け取ることが大切です。加害者側の保険会社から示談を求められることも多いですが、その際は必ず弁護士を通して交渉を行うようにしましょう。個人で対応するよりもはるかに確実に、多くの示談金を受け取ることが出来ます。

交通事故の被害に遭った際、大抵は相手側の保険会社に画示談交渉を行いますが、このとき保険会社側が提案する示談金の額は、現状考えられる最低限のものとなっています。例えば怪我の治療費だけで、リハビリの費用や、怪我の治療中に発生した仕事の損失などは補填されません。その点弁護士を通して示談交渉を行えば、現時点での治療費はもちろん、その後のリハビリは後から怪我などが見つかった際に発生する治療費など、現在発生していない損失も考慮して示談金を設定し、少しでも多くの示談金を受け取れるように動いてくれます。

弁護士に相談するというと、いきなり裁判を行うことになりそうですが、交通事故の補償で裁判に発展することは稀で、大抵は示談交渉で済ませることと成ります。保険会社側も、裁判を行うと余計に費用がかさむうえ、手続きなどの準備も面倒なので、ある程度の額までなら示談金の上乗せにも応じてくれるでしょう。